[生化学へのご招待]

crystalash.exblog.jp
ブログトップ

アカデミー報告会:

b0120961_12235691.jpg

 いつも大変お世話になっております、お疲れ様でございます(^○^ゞ 

 今回二度目になるUhtaにて開催されましたアカデミー参加なさった、底抜けに明るくグイグイ前向きなリーダーによる報告会が、各地にて開かれております そこで、それらの一部を このブログにて共有させて頂きますo(^○^)o 


 ○開催時期について、
 この私も参加させて頂いた去年は9月でした アメリカ行きの旅客機は、窓際&翼サイドの為に寒さと、轟音が耳障りでしたが、上空での寒さ&暗がり往路、大変お疲れ様でございました

 ○開催場所について、
 今年は、ソルトレイクシティのコンベンションセンターとの事で、宿泊ホテルも、その目の前だったとの利便性が、好評だったようです 

 ○パッションについて、
 〈目的〉人生をより豊かにより楽しむために仕事をしましょう

 〈テーマ〉Get to Work!

 〈キーワード〉クレイジー(キミに会うと、いつもシセルの事だけだね)

 〈ミッション〉創業者トムマウワーシニアは、「どうか私の命はあなた方に捧げます」

 〈やるべき事は何か〉―与える― 自分がこの人生で得た物質は、すべて死ぬ時に手放さなければならない 他の人々の人生をより良くしましょう! 私たちの会社は、ディストリヴューターが成功する為につくられた会社だ\(^○^)/ ←マウワーミッション\(^○^)/ 

 ○驚愕な新製品について、
 その一部は、アメリカにて販売が始まった製品もございますが、その中でも注目している製品は、

 “チアモリンガ”です(^○^ゞ 試飲の感想は一言、「もう一本!」と美味しいからクセになりそう! 競合他社品とのシリンダー実験のDVDでも、その均一な濃度でぎっしり詰まった液体は、光がつき抜けないのは一目瞭然でした(T-T) エネルギーショットとして一ケース15本入り、間もなく登場してきます(T-T)

 ○プランのお話し、
 確信がグンを抜いて、研究されている新プランは、初めてビジネスに携わる初心者マークのみんなにも、分かりやすく、働く人々を唸らせる内容になっています\(^○^)/
 ぜひ、お近くのスポンサーさまにお問い合わせ下さい!

 最後までお読み下さいまして、誠に有り難うございました(^^ゞ

 以上、様々な企画が怒濤の如く、頭を駆け巡る
チームヒューマンフォーミュラ、ブログ担当より、
多くの親愛なる皆さまへ
[PR]
# by ivory_tower | 2009-11-21 12:23 | ストレスケア

数千世代もの歴史が

 奈良への往復、恵那山トンネルに差し掛かってからというものスープラオメガ3を食していたためかどうか、スピリチュアルな体験をしてしまいましたので、ほんのちょっとだけUPしちゃいますね...ρ(。。、)その前にご挨拶を…いつも大変お世話になっております、日々大変お疲れ様でございます*:.。..。.:*・゜(≧∀≦)゜・*:.。. .。.:* それはなんと、丑三つ時に通過したら、妙な周波数をハッスル音源がキャッチされました彡( ̄_ ̄;)彡 この旋律をここで解析できないのは残念なのですが、その昔、トンネル内でおびただしくも、未だ肉体が存在し、その焼け爛れてあの世へと向かう痛みの時間が分かっていた頃の死者を堕してしまうに至った火災(不慮の事故)が遭った場所でございましたガクガクブルブル((;゜Д゜))ガクブルガク 今回このブログでその音声での再現が、当ラヴォでの技術的な課題によって、ファイル形式では、お届け出来ないのが残念でいたたまれませんが、、、ヾ(^^; ) ところで、本題に入らせて頂きますと、皮膚のまだら模様になった部分、特に御顔立ちが氣になるだとか、頭髪の根元に雪が逆流するばかりだったりだとか、メラニン色素に関しては、活性酸素に破壊させられたDNA情報の結果上、もうどうにもならないとあきらめムードを漂わせてしまう人々は多かれ少なかれ、おられるかと思われます “美白旋風”は常に、われわれアジア圏に存在している○▽□人と呼ばれている黄色人種には、憬れの的響きがするのも事実でしょう 抗酸化物質に引き寄せられたDNA情報を握っている限られた白色人種に憬れてしまうのは、そのリッチなイメージもさることながら、何らかの“オーラ”を漂わせる感覚でしょうか… これをお読み下さっておられるあなたも、この美白関連には、ゾクゾクっとしてくる全身に在る触角に触れられてしまった幼虫如き風な氣になられてしまうのも無理もないことです さてそれら変異ともされたDNAの仕業なるものかどうか…ナショジオ2005年4月号などをパラパラっと読んでましたところ、メラニン色素が、お肌の表皮の奥深くに鎮座ましましておられるような色素細胞で作られた後、その後の輸送工程が解明されたとありました○|_| ̄ =3 ズコ というわけで、ここの会社ならではの最新鋭に迫る勢いで、もうすぐこういった全容解明がなされるに違いないことでしょう 例えば、まっくろになりたいサンバーン顔も、まっしろになりたい蒼白いお肌も、“なりたい自分”にチェンジ可能なのでもあるのも、驚くべきことに“飲むだけによって達成”されそうですね 要は、あなた自身は、いったい“どう在りたいのか”という“在り方”命題に尽きます 辿り着くというか メラニン色素を前にして、後にもして、まっくろか真っ白かだけではなく、斑がいいと思う人だっていてOK! ただ特に何も思わない人は、それはそれで、十分良いということなのかもしれませんが、哀しいというかさびしく感じてしまいますね、そういった人生って(ノ ̄ー ̄(; ̄X )ゝもごもご… 元来、和食の世代が2,000年間は続いてきた本邦では、本来“感受性の豊かな期目の整ったお肌”を私たちのご先祖様から引き継いでいるのです(  ̄O ̄)ホー ただこうしたお肌も、昨今のケミカルな食品ばかりで済ます傾向や、肉を中心とした西洋食が続くことで、その本来、私たちのご先祖様が、われわれに残してくれた唯一の“モチ肌”をシミやしわくちゃや、黒ずんだ肌へと、お肌の歴史をも塗り替えてしまいつつあります(~ー~) ヘエ~ アジア系なので黄色は黄色のままで良しとする人もいても善いし、それは自由裁量性に基づくものであるのですが、これまでの日本人の“モチ肌”の数千世代もの歴史から伝承し続けられた“美”が、尽く破壊されてしまっても、果たして本当にもろ手を挙げて喜ぶべきことなのか? いや、寧ろそんなのは、不名誉なことだろうと… だからこそ、そうした提案だとかにこのブログがお役に立てれば幸いでもあります
 天然高分子の種類でも、ババス油脂肪酸や融点の高い飽和脂肪酸であるステアリン酸を使用したブライトニングクリームは、細胞膜を通過し、銅イオンなどの金属イオンを除去してしまうという悪名高きEDTA(エチレンジアミン4酢酸)は混入されていませんので、安心してお遣い頂ける三大栄養素の内の油脂を補うクリームですo口(・ω・`) こうした流通革命期の質の高さを誇る情報を仕入れたあなたなら、どうこの情報を役立てるのか?に尽きるのですが、情報も伝わるという‘やり方’のみに囚われて始終追われているよりも、自らその仕組みを作ってしまった方が早くないか 当ラヴォでは、こうした情報流通経路の研究にも余念がありません(  ̄O ̄)ホー そして、地域みんなの共通認識課題の解決に向けて、経済的貧困をどうしたら克服できるのかという課題に常に真っ向から体当たりしていく ただ、この経済的貧困と云うモノは、常時‘精神的貧困’が克服できていないために発芽してしまう種子のようなものだ そんなのですから、兎に角やることが猛烈にあるわけである ものすごい忙しいし、ビジネス的には、至ってシンプルでは在るのですが、個別の対処に関してが、ものすごいエネルギーが突出して(-_-)しまっています つまり、ディストリビューターが足りませんし、そのディストリビューターさんも、ただ闇雲に動いてさえいればいいというモノでもないので、欲を言えばよくトレーニングされたディストリビューターが僅かばかりで、困っているのが現状です(・∀・)9  ガンバ! 自由に気高く、素晴らしい秋晴れの太陽のもとで、そのままのあなた自身でいいのです さぁ、これから始まるビジネスが、あなたの物語の始まりかもしれません 心強いサポートと、経験に裏打ちされた温かい仲間たちが、そこにはいつも、あなたの隣で微笑んでくれる、一緒に気持ち良く働く仲間(〃'ω')=oo=('ω'〃)アクシュ♪ あっ忘れてましたネ、なきボクロについて、なぜか眼の下に存在しているものですけど、これがある人は、苦労をしょい込むだとか、●▼■運が悪いとか、ポジティヴな思考では、オ色ケがあるだとか、魔性とまで('ε') フーン これもメラニン色素の集合体なので、前述の原理でいけば、変身させてしまうってことだろうか… ただそうしてしまうと、あまりにも能面過ぎてしまって、個性のない同じような面(ツラ)が並んでるだけと化さないか、そういうモノも課題だろうか やはり、いくつもの物体がつなぎ合わさった“ミネラル貯蔵庫の骨”が実際、ミネラルは、吸収率が低いということが、難点で、通常、鉄はビタミンCと、カルシウムは、マグネシウムと一緒に接取することで、相乗効果が期待できます また、微量ミネラルは、タンパク質と一緒に接取することで、そのアミノ酸によって、キレートされ、吸収されやすくなります ミネラルは、無機質とも呼ばれていますが、身体の調子を整えるのに極微量に必要不可欠とされているのは周知の事実です これとは違って、全身を覆っているひとつ皮である皮膚を全体と考えてみれば、頭から顔も首も、足のつま先までもが、ひとくくりに繋がってしまっているので、例えばピンポイントに働きかけないと、全体が真っ白けや、真っ黒け(_ _,)/~~になりかねません ただここが研究にメスを入れる部分ではないのでしょうか そんなことで、メラニン色素の運び屋といった細胞をどう操作するのかが、今後も注目の的になりそうです 私の興味関心とすれば、こうして、私たちが黒いとか白いとか黄色だとかいった可視化されて見ている光波というより、眼で確認できないからこそ可能な技術が、尊ばれるのだろうと感じさせて頂いています 最後までお読み頂きまして慎に有難うございました 
以上、チームヒューマンフォーミュラ、ブログ担当から( ̄- ̄ )
[PR]
# by ivory_tower | 2009-11-20 14:14 | スキンケア

小児歯科で

 カレコレ、一ヶ月経過したが、独裁者として君臨する医師に指図されるがままの助手を担うか弱い女性ら… こんな“態度”だからか、●▲■入りだとかの毒物劇物取扱い免許保持者(近未来予報)でなければ到底、防護服を着用しなければ扱えないであろう、うがい●や歯を真っ●に染めるのだとかを素手でも平気だ(-ω-)
何も突然起きる心臓発作に対処させるニトログリセリンを舌下で250倍強に吸収させるような急を要するわけじゃあるまいし、あのような毒物劇物類を不用意にも、子どもらに濃いめに希釈させて与えるなどと云う●▲■的な行為が無知にも続けられてしまう(-ω-)
 俗に福沢 諭吉翁も、その著書“学問のすゝめ”の中で、「およそあらゆる感情の中で、嫉妬ほど厄介な感情はない」等と言われているほどだが(ToT)
 つまり、独裁者を決めこむ医師は自分より、明らかに下位(卑しそう)にあると思われていた者が、急に自分を差し置いた高度な思想や考え方を示してやってきたのを目の当たりにして、自分でもどうしようもないジェラシーに襲撃させられるのだろう
 何を伝えてみたところで、現時点では“在り方の課題”だけであったのは、どう解釈しようが、それだけに尽きる\(^○^)/  兎に角、入室するなり折檻のような治療が始まる訳だから、患者さんらの多くは、恐怖に堪えがたい屈辱を日々募らせているのみだ(T_T)/~
[PR]
# by ivory_tower | 2009-11-20 11:53 | ストレスケア